MENU

    垂水漁港 2022年冬のメバル釣り~俺の釣果レポート (/ω\)

    垂水漁港2022年版 俺の釣行レポート
    • URLをコピーしました!

    垂水漁港での自身の釣果レポートや仕掛けなど具体的に記録しています!

    管理人のプロフィール

    目次

    2022年1月22日(土)垂水漁港に🚉釣行🎣

    1/22日垂水漁港/中波止 外向き(テトラ)
    1/22日垂水漁港/中波止 外向き(テトラ)
    • 天気:快晴
    • 気温:5.1℃
    • 水温:11.1℃
    • 釣行時間:17時~19時
    • 潮:中潮
    • 流れ方向:東流れのち西流れに転流

    垂水漁港 22年1月22日 潮汐表 ・明石海峡の転流

    1月22日垂水漁港 潮汐表

    22日の明石海峡の転流時刻表

    • 04:10  最高4.9ノット 東流れ
    • 07:30  西流れに転流(潮止まり)
    • 10:40  最高6ノット 西流れ
    • 14:20  東流れに転流(潮止まり)
    • 17:00  最高3.9ノット 東流れ
    • 20:40  西流れに転流(潮止まり)
    • 23:00  最高2.8ノット 西流れ

    中国通販サイトのアリエクで買った5.4㍍のノベ竿がようやく届いたので、早速メバル釣り。5.4㍍のノベ竿に穂先のスペアが2本+棒ウキ1本+鈎10本+仕掛けセットがついて送料込みで2100円。

    これ。。。大丈夫か??

    持った感じは、日本の渓流竿に比べればちょっと重たくて持ち重りしますが、十分に使えそう。あとは強度。

    この竿で釣るのが今日が初めてなんで、念のため自宅で仕掛けを作って強度の確認。

    ま、とりあえずやってみよう。

    という訳で、この竿1本と仕掛け1セットだけを持って垂水漁港へ。

    道糸は2号を3ヒロの4.5㍍、ハリスは1号を1㍍で、電気ウキのBをセット。ガン玉は、サルカンの上にジンタン1号を付けて鈎は、チタンメバル7号。

    エサは、シラサエビを500円分を用意。久しぶりのシラサエビ。ブクブクは持たずにエサ入れバッカンに濡れたハンカチを下に敷いておくだけ。数時間ならこれで十分(^^♪

    垂水漁港には、日が暮れる前の17時に到着。今日もいつものテトラ帯から釣行。ウキ下を約2㍍とって開始。

    開始早々に21㌢のガシラ。このノベ竿第1号の魚で一安心。竿も良くしなって面白いかも。

    小学校ぶりやな、この感覚。

    その後、小さなガシラ数匹が釣れたところで、タナを浅くしてみたが、思うように釣れない。ここで、シラサエビをパラパラ撒きながら2匹掛けにする。すると、21㌢の赤メバルを始め、数匹が気持ちよく釣れ始める。

    小さなメバルでも手元にしっかりと魚の引きが楽しめるのがノベ竿のいいところ。何といっても手返しの良さ。そして、究極のシンプルさ。

    今日は、日が暮れてから2時間ほどの釣行でしたが、満足のいく結果だった。久しぶりに竿で楽しむ釣りが出来たような気がした。

    2022年1月8日(土)垂水漁港に🚉釣行🎣

    1/8日垂水漁港/中波止 外向き(テトラ)
    1/8日垂水漁港/中波止 外向き(テトラ)
    • 天気:快晴
    • 気温:8.1℃
    • 水温:12.7℃
    • 釣行時間:17時~20時
    • 潮:中潮
    • 転流時刻:15時頃潮止まりで東流れに転流。東流れで18時頃で最速3.6ノット、21時半潮止まり、西流れに転流
    • 流れ方向:東流れ

    本日は年明け一発目の垂水漁港。天候も快晴で気温も10℃と冬にしては釣りやすい天気。大阪北摂地域に住んでいる僕のマンションの庭の木々は風でなびいているが、港に着くと風が止んでいるという不思議。

    さて、今日も昼からイソイソとメバリングの準備をして、30㍑のカバン一杯にタックルを詰めて、14時30に自宅を出発。

    電車釣行

    去年1年間試行錯誤しながら、電車釣行でも荷物が運べて疲れないように荷物は削ってきた。どんなに削ってもカバン一杯になるのは仕方なし。

    夜に魚を活かした状態で写真撮影となるとどうしても余計なものが増えてしまう。。。

    今日はメバリング一本で行こうと用意したのは、相変わらずのエギングタックルに2500番のダイワレブロスのリール。

    メバリングにはアンバランスだが、このシマノのフリーゲームXT S86MLがコンパクトでいい。仕舞寸法が約50㌢で電車釣行の僕にはありがたい。ほんとは、ライトゲーム用にもう一本欲しいが、お金が。。。。(+_+)

    垂水漁港に着いたのは、16時頃で、まだまだ明るい。明るい内に、漁港を色々回ってベテラン勢がいれば、声をかけて状況を聞くのが日課。

    垂水漁港到着!

    それっぽい人がいなかったので、今日は仕掛けの準備に取り掛かる。竿はフリーゲームXT86MLにPEライン0.7号、リーダーは2号をFGノット。それにハピソンのかっとびボールSS赤をセットしてサルカン。ハリスは、1.2号に0.6gのジグをセット。

    ワームは、アジングに人気のレイン アジリンガーオキアミグローをセット。

    まずは、テトラ帯から軽くキャスト。リフト&フォールを繰り返してテトラ際まで丁寧に探っていくと、ぐぐぐっとアタリが。すかさず合わせて上がってきたのは、20㌢弱の赤メバル。まだ17時前だ。これは面白いことになりそうだと期待を膨らますも、後が続かない。。。

    17時前一匹目のメバル
    16:45分ごろにヒット

    ポイントを変えたり、ワームを変えたりと色々試してみるもどれも釣れない。単純に腕がないのか潮が来ていないのか。

    と、19時前に待望のアタリが。すかさず合わせて上がってきたのは、20㌢弱の白メバル。30分後に同じくテトラ帯でボトム付近でガシラ21㌢の1匹追加。

    2匹目のメバル
    18:50分ごろヒット

    その後、リトリーブでは、反応ないのでアクションを入れながらフォールでヒット。20時前に最後となる21㌢のメバルをゲット!

    3匹目のメバル
    19:55分ごろにヒット!

    結果としてキープサイズでメバル3匹・ガシラ1匹、リリースサイズでメバル数匹という厳しい釣果となった。

    垂水漁港2022年版 俺の釣行レポート

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次
    トップへ
    目次
    閉じる