朝から釣りのカバンもって出かけて行く。そして金曜の仕事帰りの釣りはたまらん!!

こんにちは!ライトフィッシング愛好家のケンゴです。

さて本日は、気軽に持ち運べてカバンにも入る初心者にオススメなロッド紹介します。

スポンサーリンク

カバンの中にすっぽり隠れるホリデーパックの特徴

ホリデーパック20-180-3

このロッド見ての通り、短く仕舞寸法がすべてのモデル共通でたったの44cmです。ガイドカバー合わせても46cm。バックにすっぽり入って、仕事帰りや旅行に、電車通勤にバイクにもってこいの長さです。

ホリデーパックのラインナップ

モデルは、大まかに分けて3タイプ。10番手・20番手・30番手。番手が上がっていく毎に、ロッドが太くなっていきます。

そして、それぞれに、180cm・210cm・240cm・270cmと4パターンの長さがああるので、全部で12通りあるというわけです。

10番手は、先径1.3㎜で鉛負荷5号~20号、1.5㎜で20番手は15号~30号、30番手は、1.7㎜で20号~40号。

そして、すべてに共通するのが仕舞寸法が44cm。カーボン繊維は、大体30~40%で、残りはグラス・その他の繊維で原産国はすべて中国産。

ロッドケースには、17ホリデーパックと書かれているので、恐らく2017年に発売されたのでしょう。

品番全長(m)継数(本)仕舞寸法(cm)自重(g)先径/元径(mm)錘負荷(号)カーボンリールシート
10 180T1.8644.51151.3/11.75~2031.6233
10 210T2.1744.51301.3/13.95~2030.2233
10 240T2.4844.51431.3/16.05~2029.6233
10 270T2.7944.51751.3/18.25~2028.7237
20 180T1.8644.51181.5/12.315~3039233
20 210T2.1744.51351.5/14.615~3036.6233
20 240T2.4844.51501.5/16.715~3035.1233
20 270T2.7944.51801.5/18.915~3034237
30 180T1.8644.51301.7/13.720~4037.6233
30 210T2.1744.51451.7/16.120~4035233
30 240T2.4844.51751.7/18.520~4033.4237
30 270T2.7944.52201.7/21.220~4031.5237

 

 

ホリデーパックを実際さわってみてどうか

今回僕が買ったのが、20番手の180cmモデル。

ホリデーパック20-180-4

まず、持ってみて感じたのが、割と固めだなと。それとグリップからグリップエンドまでがすごく短いなというのが正直な感想です。

ホリデーパック20-180-7

特に腕にグリップエンドをかけて釣るには厳しいかな思います。繊細なメバリングとかアジングはちょっと難しいとは思いますが、この長さなら穴釣りでガシラとかエギング、太刀魚、タコ釣り、チョイ投げ、船釣り(小物)なんかで使えるんじゃないかなと思います。

ホリデーパック20-180-4

まず、グリップエンドはこんな感じ。

ホリデーパック20-180-6

続いて、リールシート。こちらは富士工業のDPSリールシートですね。

ホリデーパック20-180-7

続いてガイド。こちらも富士工業のガイドですね。

竿の先は、丈夫で食い込みのいいグラスソリッド穂先が使われています。

ホリデーパック20-180-8

ダイワのカルディア2004を付けてのバランス。ロッドは、118gで、リールは、大体215gです。

ホリデーパック20-180-9

ホリデーパックはこんな方にオススメ!

スポンサーリンク

\この記事が気に入ったら
フォローしよう/

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事